こんちわわ!!


by wankomaru

銀汰とぴょん汰

本日は銀汰のお友達を紹介します。
名前は「ぴょん汰」、ピグミージェルボアという動物です。
パキスタンの砂漠に生息する小ネズミで、以前はヘビ等の「エサ」として捕獲されていたそうです。そんな小ネズミに救いの手が現れたのは数年前。

あるバイヤーがその愉快な動きに魅了され、ペットとして輸入されることになったのです。通常のネズミは4足歩行が基本ですが、トビネズミの一種である彼は後ろ足、つまり2本足でぴょんぴょん飛び跳ねるのです。ぜんまい仕掛けの玩具を想像していただけると良いかと思います。

そしてその大きさは500円玉程度と極小。ぴょん汰が我が家に来たのは2年前。ハムスターは1~2年程度の寿命と言われていますが、彼らは不明な点だらけの生き物であるため、寿命等がハッキリしていないようです。一説では「5~6年は生きるはず」とも言われていますが・・・。

そもそも捕獲された時点で何歳であったのかもわからず、ぴょん汰の年齢に対する謎は深まるばかりです。でも彼が元気に飛び回っていることは事実です。
まだまだ頑張れぴょん汰!!
e0009391_9303196.jpg
e0009391_9304348.jpg
e0009391_9305195.jpg

by wankomaru | 2005-09-06 21:01 | わんこ